2022年11月3日木曜日

都立入試 過去問を解くことのすすめ

綾瀬個別指導学院 糸井です。



都立入試まであと4ヶ月とせまってきました。皆さんは今まで模試などで対策をしてきたと思いますが、今後は都立入試過去問を解いてみてください。過去問解けるようになれば、より自信にもつながると思います。


数学や理科、社会などはまだ習っていない範囲の出題もあると思いますが、解ける問題も多いと思います。


英語はまだ習っていない文法もあると思いますが、大部分の文法は学んでいます。あとは単語熟語をしっかり覚えていれば、長文読解にも取り組めると思います。




最後に、都立入試の国語はあまり学習内容は関係ないので、ぜひすべて解いてみてください。




HPはこちらから→ クリック

資料請求・お問い合わせはこちら→クリック

綾瀬 塾
綾瀬2教室
都立受験に強い
万全の定期テスト対策  入試対策 
綾瀬駅西口徒歩1分
地域密着 綾瀬個別指導学院
綾瀬 塾 評判

2022年10月24日月曜日

12, 1月模試(Vもぎ・Wもぎ)受験のすすめ

綾瀬個別指導学院 糸井です。


今年も残り約2ヶ月になりました。年明けからは本格的受験シーズン到来です。受験生の皆さんは今まさに追い込みをかけていると思います。


そこで、ぜひ12, 1月の模試を受けてください。出題範囲各教科ともほとんど本番変わりません。ですから、本番近い形受験することができます。


年内最後の模試で今の自分の実力確認し、年明けに向けて仕上げていきましょう。





12, 1月の模試を受けるようにしましょう。







HPはこちらから→ クリック

資料請求・お問い合わせはこちら→クリック

綾瀬 塾
綾瀬2教室
都立受験に強い
万全の定期テスト対策  入試対策 
綾瀬駅西口徒歩1分
地域密着 綾瀬個別指導学院
綾瀬 塾 評判

2022年10月13日木曜日

模試 解き直しの重要性

綾瀬個別指導学院 糸井です。

今回は、模試解き直し重要性についてです。



模試を受けた後、結果が返ってきて一喜一憂することだと思います。ですが、それだけで終わってはいけません。間違えた問題見直して、解き直しをすることが大切です。


間違えた問題見直すことで、自分の苦手分野がわかります。そこを克服して、次の模試につなげていくことが大切です。




模試の解き直しをしっかりやりましょう。





HPはこちらから→ クリック

資料請求・お問い合わせはこちら→クリック

綾瀬 塾
綾瀬2教室
都立受験に強い
万全の定期テスト対策  入試対策 
綾瀬駅西口徒歩1分
地域密着 綾瀬個別指導学院
綾瀬 塾 評判

2022年10月4日火曜日

都立入試 数学 大問1 出題傾向

綾瀬個別指導学院 糸井です。


今回は、都立入試の数学大問1の出題傾向についてです。



都立入試の数学大問1の出題傾向は、例年あまり変わりません。問1 正負の数、問2 文字式、問3 平方根、問4 一次方程式、問5 連立方程式、問6 二次方程式、問9 作図となっています。

問7資料の活用が出題される年と、二乗に比例する関数が出題される年と2パターンあります。問8平面図形が出題される年と、確率が出題される年と2パターンあります。

ただし、2019年一昔前の王道パターンだった問7確率問8平面図形の問題が出題されました。

過去6年間の出題内容は以下の通りです。


2022年
問1 正負の数の計算
問2 文字式の計算
問3 根号を含む式の計算
問4 一次方程式
問5 連立方程式
問6 二次方程式
問7 中央値

問8 円周角と弧
問9 垂直二等分線の作図

2021年
問1 正負の数の計算
問2 文字式の計算
問3 根号を含む式の計算
問4 一次方程式
問5 連立方程式
問6 二次方程式
問7 
二乗に比例する関数の変域
問8 サイコロの確率
問9 角の二等分線の作図

2020年
問1 正負の数の計算
問2 文字式の計算
問3 根号を含む式の計算
問4 一次方程式
問5 連立方程式
問6 二次方程式
問7 度数分布表

問8 円周角の定理
問9 垂直二等分線の作図

2019年
問1 正負の数の計算
問2 文字式の計算
問3 根号を含む式の計算
問4 一次方程式
問5 連立方程式
問6 二次方程式
問7 カードを取り出す確率
問8 円周角の定理
問9 垂線の作図

2018年
問1 正負の数の計算
問2 文字式の計算
問3 根号を含む式の計算
問4 一次方程式
問5 連立方程式
問6 二次方程式
問7 度数分布表
問8 平行線の錯角
問9 垂直二等分線の作図

2017年
問1 正負の数の計算
問2 文字式の計算
問3 根号を含む式の計算
問4 一次方程式
問5 連立方程式
問6 二次方程式
問7 二乗に比例する関数の変域
問8 サイコロの確率
問9 角の二等分線の作図








HPはこちらから→ クリック

資料請求・お問い合わせはこちら→クリック

綾瀬 塾
綾瀬2教室
都立受験に強い
万全の定期テスト対策  入試対策 
綾瀬駅西口徒歩1分
地域密着 綾瀬個別指導学院
綾瀬 塾 評判

2022年9月23日金曜日

都立入試対策(物体の運動)

綾瀬個別指導学院 糸井です。


今回は、都立入試対策(物体の運動)についてです。



記録タイマーを用いた台車の運動がよく出題されます。

記録テープを読み取って各区間の平均の速さを求めることはできても、それらを用いて速さと時間の関係グラフにするとなると、急にできなくなってしまう生徒が多いです。


理由は、なぜ打つ点が真ん中になるのかがわからないからです。

例えば、0~0.1s0.54cm動いた物体の平均の速さは、0.54÷0.1=5.4cm/s と求まります。

しかし、この値を打つ点の位置0.1の所ではなく00.1真ん中0.05の位置に打つのです。
この点の座標は、(時間, 速さ)=(0.05, 5.4)となります。


なぜこのようになるのでしょうか。



学校の授業で、記録テープ0.1sごと切り取ってに貼ったのを思い出せれば、大体こうなることが想定できると思います。テープの打点丁度真ん中であり、それらの点を結んでグラフを書いたと思います。


もっと厳密なことを言うと、ここで打つ点平均の速さではなく瞬間の速さであるということです。

上で求めた5.4cm/sは、あくまで0~0.1sにおける平均の速さであり、0.1sにおける瞬間の速さではありません。正確には、0s0.1s真ん中である0.05sにおける瞬間の速さなのです。

ですから、0.1sにおける瞬間の速さは、0s0.2s真ん中となり、0~0.2sにおける平均の速さとなります。





平均の速さと瞬間の速さの違いをしっかり理解して、速さと時間の関係のグラフを正しく書けるようにしましょう。





HPはこちらから→ クリック

資料請求・お問い合わせはこちら→クリック

綾瀬 塾
綾瀬2教室
都立受験に強い
万全の定期テスト対策  入試対策 
綾瀬駅西口徒歩1分
地域密着 綾瀬個別指導学院
綾瀬 塾 評判

2022年9月19日月曜日

都立入試対策(回路図)

綾瀬個別指導学院 糸井です。

今回は、回路図についてです。



都立入試の大問6でよく出題されます。問われる部分は、回路図から電流電圧の値を求める計算問題になります。

この問題のポイントは、回路図理解がしっかりできているかどうかです。

電流電圧の値を求めるには、オームの法則を使います。ですが、この知識だけではこの問題は解けません。

大事なことは、直列・並列回路における電流・電圧の関係理解することです。


では、具体例を挙げて説明します。



① 上の回路図において、電源を流れる電流は何Aか。

①の回路は直列回路なので、回路を流れる電流等しくなります。電源の電圧は、各抵抗に加わる電圧の和等しくなります。よって、回路を流れる電流Iとすると
       9I+6I=3     ∴ I=0.2A
と求まります。



② 上の回路図において、電源を流れる電流は何Aか。

②の回路は並列回路なので、回路に加わる電圧等しくなります。電源を流れる電流は、各抵抗に流れる電流の和等しくなります。

抵抗に流れる電流は  18÷6=3A
抵抗に流れる電流は  18÷9=2A 
よって、電源を流れる電流は  3+2=5A
と求まります。



③ 上の回路図において、電源の電圧は何Vか。

③の回路は直列並列が組み合わさっています。まずは並列回路に着目します。

10Ω抵抗に流れる電流2Aなので、電圧は  10×2=20V 
と求まります。並列回路なので、抵抗に加わる電圧20Vなので
流れる電流は  20÷5=4A 
と求まります。

よって、抵抗に流れる電流は  2+4=6A
となり、電圧は  3×6=18V 
と求まります。

最後に、回路全体を直列回路とみなすと、電源電圧は  20+18=38V 
と求まります。





回路図の仕組みをしっかり理解しましょう。






HPはこちらから→ クリック

資料請求・お問い合わせはこちら→クリック

綾瀬 塾
綾瀬2教室
都立受験に強い
万全の定期テスト対策  入試対策 
綾瀬駅西口徒歩1分
地域密着 綾瀬個別指導学院
綾瀬 塾 評判

2022年9月9日金曜日

都立入試対策(数学)

綾瀬個別指導学院 糸井です。


今回は、都立入試対策(数学)についてです。




都立入試数学出題傾向は、例年あまり変わりません。ですから、しっかり対策すれば、確実に点数を取ることができます。


各大問で得点しやすい問題がありますが、中でも大問1の問題は全て得点して欲しい所です。内容は全て基本レベルであり、大問1だけで46点分あります。つまり、大問1全て得点すれば、約半分の点数を取ることができます。



大問1出題傾向は以下の通りです。

問1 正負の数、問2 文字式、問3 平方根、問4 一次方程式、問5 連立方程式、問6 二次方程式、問7 資料の活用または二乗に比例する関数、問8 平面図形または確率、問9 作図




出題傾向をしっかり理解して、対策するようにしましょう。







HPはこちらから→ クリック

資料請求・お問い合わせはこちら→クリック

綾瀬 塾
綾瀬2教室
都立受験に強い
万全の定期テスト対策  入試対策 
綾瀬駅西口徒歩1分
地域密着 綾瀬個別指導学院
綾瀬 塾 評判